複合型リサイクルシステム

バイオリサイクル施設 サーマルリサイクル施設 I 廃家電リサイクル施設 廃家電リサイクル施設 サーマルリサイクル施設 I バイオリサイクル施設

サーマルリサイクル施設 I

ロータリーキルンとストーカ炉の組合せにより、幅広い廃棄物を安定燃焼させます。その熱エネルギーをボイラーにより蒸気に変換し、各リサイクル施設の熱源として有効利用するとともに、周辺の温室等に供給します。

施設紹介ページへ

サーマルリサイクル施設のご案内

廃家電リサイクル施設

フロンガスを除去したのちに破砕し、磁選機にかけて有価物を回収。さらに不燃物や異物が除去されて、固形燃料(RPF)化し、フロンガスとともにサーマルリサイクル施設におくられます。フロンガスは熱処理するとともに、焼却炉の燃料空気として利用されます。

施設紹介ページへ

廃家電リサイクル施設のご案内

バイオリサイクル施設

有機性汚泥や食品工場から排出される動植物性残さ等の有機性廃棄物からメタンガスを生成し、クリーンなガスエネルギーとして回収します。メタン発酵後の発酵残さは、熟成コンポストに転換され、緑農地に利用されます。

施設紹介ページへ

バイオリサイクル施設のご案内

バイオガスシステムとは

灰リサイクル施設

サーマルリサイクル施設から発生する灰と搬入灰は、鉄類(有価物として回収)を前処理で除去分離した後、旋回流式溶融炉でスラグ化し、建設資材などに再生します。なお、溶融の熱源にはサーマルリサイクル施設で発電された電力を有効活用し、CO2の発生を削減します。
(建設予定施設)

サーマルリサイクル施設 II

廃家電リサイクル施設で作られた固形燃料(RPF)を燃焼し、蒸気タービンを回して発電を行います。作られた電気は施設内で利用します。燃焼によって発生する灰は、灰リサイクル施設で溶融スラグに変換されます。
(建設予定施設)

プラスチックリサイクル施設

廃プラスチック混合物は、破砕後押出し成型や金型成型機により、角・丸形状の長尺物やパレットのような大型のものへ自由に形を変え再生されます。
(建設予定施設)